ロゴ
HOME>特集>生活習慣病の1つ!糖尿病には要注意しておこう

生活習慣病の1つ!糖尿病には要注意しておこう

お腹

血糖値が上がってしまう原因

血糖値を上げる原因は、主に食事に含まれる糖質にあります。中でも糖を多く含む菓子類や果物、並びに精製した白米やパンなどの穀類は特に危険です。また、デスクワーク中心の生活や、日常的な運動不足は、糖質をエネルギーに変えることなく貯めてしまうことになります。さらに、日々のストレスも血糖値上昇の原因になります。ストレスにより、体内にはアドレナリンなどのホルモンが分泌されますが、これらが血糖値を上げる要因になるからです。その他、加齢や遺伝なども高血糖になる要因ですし、高血圧や肥満も大きなリスクになり得るでしょう。このように、人間を取り巻く現代社会の状況が影響し合い、血糖値を高める原因になってしまっています。なので、血糖値を下げ、糖尿病のリスクを減らすには、生活全般に渡る総合的な配慮が必要になると思います。まずは、小岩の糖尿病専門病院で相談されることをおすすめします。

メジャー

糖尿病患者に行われる治療

糖尿病は、早期の発見と治療がとても大切です。もしも、糖尿病と診断された場合は、すぐに生活診断の見直しをしていきましょう。その際、重要になるのが、食事療法と運動療法になります。病気がまだ初期段階であれば、この2つを継続することにより、進行を防ぐことは可能です。特に、食後の血糖値だけが高血糖である場合には、それらの効果があらわれやすいようです。食事療法は、バランスの良い食事を心掛け、きちんと3食を決まった時間に食べましょう。1日の適正エネルギーを意識することが大切です。食事療法に関しては、小岩の糖尿病専門クリニックで、医師や栄養士の専門指導を受けると良いと思います。血糖値コントロールのために薬を服用するやり方もあります。薬は、飲み薬と注射があり、注射は糖を分解するインスリンの分泌を促すものと、インスリンそのものを補うものがあります。