ロゴ
HOME>特集>幹細胞治療について知っておこう!【新しい治療方法】

幹細胞治療について知っておこう!【新しい治療方法】

先生

幹細胞治療とはどんな治療か?

最近、再生医療という言葉を耳にする機会がよくあります。これは、何らかの理由により損傷あるいは機能低下した人間の身体の組織・臓器や細胞を利用することで治療する最新の医療です。再生医療にはいくつかの方法がありますが、特に注目を浴びているのが幹細胞治療です。幹細胞とは、自分自身のコピーを生み出す自己複製能と他の種類の細胞に分化する多分化能を特徴とする細胞のことです。大きく分けると、人工的に作られる多能性幹細胞と元々私たちの体内に存在する組織幹細胞の2種類がありますが、このうち既に治療に多く利用されているのが組織幹細胞です。一方、多能性幹細胞については、iPS細胞など実用化に向けた研究の進展に大きな期待が寄せられています。

手術室

幹細胞治療で改善できる症状

幹細胞治療は、多能性幹細胞や組織幹細胞という特殊な細胞を用いて行う再生医療です。現在、治療に多く利用されている組織幹細胞は、骨髄や脂肪あるいは歯など私たちの身体のさまざまな組織の中に存在することがわかっています。幹細胞治療で最も代表的な例として知られているのが白血病・リンパ腫などに対する骨髄移植ですが、その他にも国内はもちろん海外でも数多くの研究が行われています。既に実用化されている具体的な治療内容には、脳梗塞や変形性関節症といった病気の改善が挙げられます。また、多発性硬化症などの難病やアンチエイジングにも効果が期待できます。幹細胞治療はまだ歴史の浅い新たな医療であることから、その可能性は無限に広がっていると言っても良いでしょう。