ロゴ
HOME>特集>具合が悪いなら内科へ!症状改善にベストを尽くす

具合が悪いなら内科へ!症状改善にベストを尽くす

受付

内科と外科は違うもの!

腹部が気持ち悪いと感じたり、呼吸をするたびに胸が痛いと感じたりした際には、外科ではなく都筑区の内科で検査を受けるようにしてください。外科では臓器の不調の原因を確認するのが難しいですし、臓器の不調であれば内科を頼ってほしいと言われる事もあります。手術などの外科的な処置を行いながら、疾患や怪我を治療するのが外科の役割で、体調不良を相談するなら内科を頼ってください。高齢化社会になっている日本では、食事介助などのサポートも行う内科も増えています。風邪気味だと感じた段階で検査を受けるだけで、インフルエンザなどの感染症か確認する事も可能です。インフルエンザなどの病気は早い段階で治療を行う必要があるので、まだ苦痛を我慢できると考えずに検査を受けてください。

診察

かかりつけ医を持つことは大事

大きな病院が近くに無いので、症状が軽いうちは検査を受けるのが面倒だと感じた際には、かかりつけ医を探してください。自宅の近くにある診療所にいる医師を、かかりつけ医として頼る事によって、重病の早期発見に成功した人も珍しくありません。検査用の機器が整備されていない診療所でも、大手の病院に紹介状を書く事はできますし、重病の初期症状を判別する事はできます。紹介状の書き方が雑にならないよう、念入りに検査を行ってくれる診療所の医師であれば、かかりつけ医として頼りやすいです。診療所の中が混雑していても、患者一人ずつの検査を雑に済ませないと評判の医師を探してください。都筑区の内科の医師も、かかりつけ医として頼られる事が多く、たくさんの病気の症状を見分けられる知識の豊富さが評価されています。